Event

イベントカテゴリー<セミナー>

森の歴史からみた世界遺産・吉野

日時令和6年3月30日(土)14:00~15:30
講師総本山金峯山寺寺史研究室長 池田淳 氏
会場2階 イベントルームA
参加費無料
定員50名(先着順)

 吉野には色々な森があります。蔵王権現の尊容を刻んだ神木と崇敬される吉野山の桜樹林は、日本一の桜の名所で、神聖な森です。また、吉野は吉野林業発祥の地でもあり、人工林の美しさは日本屈指です。仏経岳原始林などの原始林はまた別様の美しさを誇っています。吉野が世界遺産に登録された時には、この幾つもの森がそれぞれの役割を果たしながら、現在に至っていることが世界的に認められました。本講座では、気象学や地質学など成果を踏まえて、森の歴史から世界遺産・吉野を考えます。

【講師紹介】総本山金峯山寺寺史研究室長 池田淳 氏
現在、総本山金峯山寺寺史研究室長、大阪芸術大学・龍谷大学非常勤講師、公財阪本龍門文庫評議員。吉野町教育委員会(吉野歴史資料館長)を定年退職後、現職。専門は日本芸能史、現在は群小猿楽座の変遷の研究が主要テーマ。

桜満開の吉野山と蔵王堂遠望
吉野の美林(吉野町提供)
申込方法ページ下部の「申し込みはこちら」よりお申し込みください。
問い合わせ奈良まほろば館 情報発信課【業務時間】10:15~19:00 TEL: 03-5568-7081 / FAX: 03-5568-7082
注意事項※キャンセルされる場合は申し込み時に届いたメールに記載のURLより手続きをお願いいたします。
※受講券等の発行はいたしません。
※受付・開場は開始30分前から行います。受付前の講座室周辺での待機等はできません。
※筆記用具が必要な方は、持参いただきますよう、お願いいたします。
Scroll to Top