Event

イベントカテゴリー<セミナー>

「進化する奈良の食を満喫する特別ディナー」~日本の食文化のルーツを学ぶミニセミナー付き~

日時令和3年12月5日(日)18:30~20:30
会場奈良まほろば館2階「TOKi」(東京都港区新橋1-8-4 SMBC新橋ビル)

 奈良県の食材のおいしさ、食文化の豊かさへの理解を深めてもらい、県産食材の消費拡大と食を目的とした観光需要の増加を狙った特別ディナー会をレストラン「TOKi」にて開催します。

料理の腕をふるうのは、奈良市のスペイン料理店「アコルドゥ」の川島宙シェフ。奈良の自然と風土を感じさせる革新的な料理で注目を集める川島シェフは「TOKi」の料理長も務めています。ディナー提供に先立ち、奈良まほろばソムリエの会の専務理事で、奈良の食文化に詳しい鉄田憲男氏によるミニセミナーを開催。いにしえの奈良の都が日本の食文化の原型を作り、その伝統がいまに伝わっていることを学びます。

18:00 受付開始

18:30 ミニセミナー開始

19:00 ディナー開始

20:30 閉会 

・料理とセミナー内容

「田」をテーマにコースを構成。往古から農耕技術を発達させてきた奈良が現代に受け継ぐ伝統野菜をはじめ、倭鴨や三輪素麺など奈良県が誇る食材を使った独創的な料理を提供します。料理に合わせ、奈良が育んできた食材や料理にまつわる伝承、行事、観光資源をミニセミナー内で紹介します。

・シェフ紹介

川島宙(かわしま・ひろし)

1971年生まれ。ホテル西洋銀座などのホテル・レストランで、フレンチの料理人として活躍。34歳の時にスペイン・バスク地方のモダンスパニッシュの名店「ムガリッツ」に渡り経験を重ね、独自の料理世界を深化させる。2008年、奈良市内に「アコルドゥ」を開業。2017年にフランスのガイドブック「ゴエミヨ」の「今年のシェフ賞」、2020年に農林水産省の料理人顕彰制度「料理マスターズ」を受賞。

イベントの詳細はこちらから

問い合わせ:プレジデント社ブランド戦略部 03-3237-5457

*当イベントは、施設・機材等の消毒、関係者の手指消毒、マスク着用、身体距離の確保、換気等の新型コロナ感染予防対策を徹底したうえで実施します。

Scroll to Top