Event

イベントカテゴリー<セミナー>

古地図で歩く奈良~江戸時代の名所案内図「和州奈良之絵図」を巡る~

日時令和3年12月17日(金)14:00~15:30(第2部)
講師山﨑愛子(奈良まほろばソムリエの会会員、Nara観光コンシェルジュ)
会場奈良まほろば館 イベントルームA
参加費500円
定員50名(先着順)

 江戸時代、東大寺の大仏が修復され大仏殿が再建されると、人々は当時流行していた伊勢参りにあわせて奈良に寄り、大仏を拝観するようになりました。これが観光都市「奈良」の始まりとも言われています。

 「和州奈良之絵図」は、絵図屋庄八によって発行された名所案内図で、観光客用の土産物でした。

 この古地図を見ながら、江戸時代と今の奈良の「同じところ、変わったところ」を、お薦めのモデルコースでご案内します。

※第1部と第2部は同内容です

申込方法ホームページよりお申し込みください https://s-kantan.jp/pref-nara-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=25709
問い合わせ奈良まほろば館 情報発信課 【業務時間】10:15~19:00 TEL: 03-5568-7081 / FAX: 03-5568-7082
注意事項※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※受付・開場は開始15分前から行います。受付前の講座室周辺での待機等はお控え下さい。
※キャンセルされる場合は事前にお知らせください。
※受講の際には、咳エチケットを守り、手洗い・指の消毒、マスクの着用をお願いいたします。
※健康状態に不安のある方(発熱、咳、鼻汁、味覚・嗅覚障害等の症状に該当される方)は来館を控えて下さい。
※過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への渡航歴がある方は来館を控えてください。
※感染拡大防止のため、講師のマスク着用や職員による道具の消毒、講座室の換気等を行います。
※筆記用具が必要な方は、持参いただきますよう、お願いいたします。
Scroll to Top